松林工業

FACILITY

製品加工例

Lead storage battery separator

鉛蓄電池用セパレーター

特 徴

当社は、明治40年創業、大正4年に会社組織設立から、1世紀を超える歴史があります。 創業時は、木材を薄板に削り、マッチの小箱を生産し、その後弁当用の折箱を生産をしていました。 木材を薄板にする技術が、昭和初期に蓄電池用セパレーターに利用できることが、注目されていました。

鉛蓄電池用セパレーターの歴史

木製セパレーター

当時、当社は木曽の檜(ヒノキ)の大木を仕入れ、薄くスライスしながら、等間隔に溝をつけるという技術で蓄電池用セパレーターを生産していました。当初は、船舶用鉛蓄電池用セパレーターに使用されていました。しかし、木製のセパレーターは、木曽の檜を材料としていたため、大変高価なものでした。材料が木材のため、節の少ない木材を目利きすることが、良いセパレーターを作るための最重要条件でした。

リンターパルプセパレーター

昭和30年代のモータリゼーションに伴い、鉛蓄電池の需要が急加速し、木製セパレーターは非経済的で高価なものだったため、それに代わるものとして、綿花の繊維を素材とし、抄紙したものにフェノール液を含浸させたリンターパルプセパレーターが開発されました。現在は、セル内の均圧調整用のスペーサとして使用されています。

合成繊維セパレーター

セパレーター技術も更に進展し、現在は有機繊維と無機紛体を混抄された紙で、電気抵抗が低く、微細孔構造で気孔率の合成繊維セパレーター(通称白セパ)が主流となりました。当社は、その70%を生産しています。

セパレーター特性

品種 合成繊維 リンターパルプ規格
項目 0.5mm規格 0.3mm規格
厚さ mm 0.50±0.05 0.30±0.03 0.70±0.1
電気抵抗 Ω・100cm2/枚 0.002以下 0.0013以下 0.003以下
耐酸化時間 時間/枚 36以上 36以上 36以上
引張強度 MPa/mm2 1.47以上 1.47以上 1.47以上
最大細孔径 μm 35以上 25以上 45以上
遊離塩素 mg/100cm2・枚 0.1以上 0.1以上 0.1以上
還元性有機物 ml/100cm2・枚 2.0以上 2.0以上 2.0以上
浸透性 秒/枚 10以上 10以上 5以上